福岡の海洋散骨ならエムシステム。「儀式」としての散骨をしっかりと行うことをお約束します。

「儀式」としての散骨をしっかりと行うことをお約束します。

日本では火葬が一般的ですので、故人の遺骨はお骨壷に入れてお墓へ納めるのが通常です。しかし近年、遺骨を自然に還す「散骨葬」が増加しています。散骨とは、亡くなられた方の遺骨をお墓に納めず、海や山などへ撒くこと。その形は、海や川、山中や野山、空や宇宙に散骨するなど多様化しています。散骨は最近になって始まったものではありません。昔から行われている葬送方法であり、有名な方も散骨を自ら選び、家族のその遺志を尊重して選択するケースが多いことがわかります。

その理由は、海で眠りたい、自然に還りたい、お墓の継承者がいない、金銭的な問題などさまざまです。周辺住民の方々とトラブルにならないよう規制をする自治体も増えてきていますが条例を気にしたり許可などを取ったりすることなく、散骨が可能です。

散骨に関心をお持ちの方のお悩みや不安、疑問などがございましたら、真摯に対応させていただきますのでいつでもお問い合わせください。なお、生前予約も承っておりますので、まずは、お気軽にご連絡ください。お待ちしております。

海洋散骨のメリット、デメリット

海洋散骨(海洋葬)とは、ご遺骨を砕骨(お骨の粉末化)し、船上から海へと還す埋葬法です。一般的には、生前から海が好きだった方や海にゆかりのある方の埋葬法として用いられています。また墓じまいを行った後のご遺骨の埋葬方法としても人気が高まっております。

海洋散骨のメリット

故人の希望をかなえる

海や山が好きだった、死んだら自然の一部になりたい、自分らしく見送ってもらいたいといった故人の遺志を実現できます

金銭的な負担が少ない

散骨をするとお墓を建てずにすむため、金銭的な負担が少ないというメリットがあります。

後継者問題

少子化や核家族化などにより、お墓を守っていく人がいないという問題が起こっています。しかし、散骨はお墓を建立しないため、後継ぎの心配をする必要がありません。

海洋散骨のデメリット
海洋散骨のデメリット
デメリットを考えてみると、ご本人の生前からの意思を一番に尊重することは、とても大切です。しかし、お墓を持たないことで法要などの供養がしづらいことがあり、親族からは不満の意見がでることが考えられるようです。このことは、散骨を行う際にしっかり話し合うことが必要です。

すべての遺骨を海に還してしまうと、後悔される家族もいることから、遺骨の一部を手元に残す手元供養の方法もあります。

墓じまい(改葬:かいそう)とは

墓じまいとは、墓を撤去したり処分したりすることを言います。墓じまいの正式名称は改葬(かいそう)といい、墓に埋葬されている遺体・遺骨を別の墳墓に移して供養することを言います。

墓じまいされる理由は、以下のような事項があげられます。
・お墓が遠くにあり、墓参りに行くのが大変
・お墓を継ぐ人がいない
・お墓の管理で子供に負担を掛けたくない
・古いお墓が複数あって管理出来ない
墓じまいする際は、その後、遺骨をどこに納めるかを考える必要があり、「新しい墓」「納骨堂(永代供養)」「手元供養」「合祀墓」「散骨」等が選択肢として考えられます。

手元供養とは

手元供養とは、ご遺骨のすべてを埋葬(納骨)せずに、一部を特殊な小さい容器(ミニ骨壷・自宅墓)に入れてご自宅などに置いて奉り、供養することを言います。最近では、墓を購入せずにご遺骨の一部を海洋散骨で海に還し、一部をご自宅に納骨し手を合わせる供養法として選ばれる方が増えています。

終活につきもの相続や登記に関して、情報が必要ありませんか?

海洋散骨を安心して安全に執り行うためには、船舶や海洋の知識はもちろん葬送全般の知識、さまざまな法規、自然環境への影響、遺族の心のサポートなど、実に広範囲の分野における基礎知識が必要となります。

当社は、さまざまなトラブルから故人やご遺族を守り、安心・安全な海洋散骨を提供しています。終活全般の事や海洋散骨に関してご不明な点がありましたら、あなたの不安を解消するためのお手伝いいたします。手続きや法的にお困りごと等も気軽にご相談してください。

こんな方が海洋散骨を選んでます

終活 海洋散骨 光の道

現在の日本では墓地に埋葬されるのが当たり前という感覚が強いと思われます。
普段は宗教との係りが薄い生活を送っていても、いざ葬儀となると宗教色が出てくるのが一般的だと感じます。長年の歴史と慣習もあります。

それにもかかわらずここ数年で「散骨・海洋葬」という概念が広まっているのは間違いありません。

自分の死後は自然に還りたい、大好きだった海に眠りたい、といった故人の意志や、様々な事情でお墓に入れない、お墓を持てないという悩みをお持ちの方にも最適な方法です。

日本の風習として火葬後はお墓へ納めるが一般的です。散骨は個人のご意思やご遺族のご希望ものとご遺骨粉末化しお遺灰を自然なる海洋へ撒き還すことです。

故人様が生前に「海や釣りがお好き」であったり、「人として自然に還りたい」といったご希望から、「お墓をお持ちでない、またお墓に入りたくない」「残された家族に負担をかけたくない」「お墓の維持・継承が困難になってきている」など様々な理由からご遺骨の一部を自然の海に海洋散骨される方が増えています。

  • 大自然の一部となるロマンある葬送である
  • 暗いお墓の中ではない夢のある最後を
  • 全ての生物と同じ自然へ戻るのが一番だと思う
  • 海や山が好きだったので最後はそこに行きたい
  • 故人が希望していたので
  • 子供達にお墓の管理で迷惑を掛けたくない
  • 無縁墓などの心配がない
  • 親族に気を使う事なく最後を迎えたい
  • お墓にお金を使いたくない